INFO+
2018/08/30大阪東京

サッカーだけじゃない!
製品開発も今や「サポーター」のチカラがものを言う!

贔屓のサッカーチームを一心同体の応援で支えているのが、そうご存知「サポーター」、スタジアムでの熱烈な応援光景はお馴染みですよね。 ところで、同じ「サポーター」でも近頃ネット上で拡大しているのがクラウドファンディング(以下CF)の支援者。ひたむきに試合に挑むサッカーチームを応援するがごとく、起案者の「こんなものを作りたい」「こんなことをしてみたい」という想いに、共鳴し応援するサポーターのことです。 昨年、そのCFでなんと15,377,700円の応援資金を集めた、ものづくり会社があります。起案のテーマを「学習型アルコールガジェットの開発」に掲げて挑戦したのが、株式会社スタッフです。大手企業のスタートアップ企画をこの手法で見事に製品化、累計3000個の販売の実績を積み上げています。

ものづくり企業も技術に裏打ちされた「想い」をしっかりと伝え、サポーターの共鳴のチカラを借りる。こんな手法を活用すれば想いをカタチに、そして実際に支援者に使っていただく製品化までをスピーディなプロセスで実現することができます。現在も、第二弾の製品開発をCFで始めています。今回の起案テーマは「木工バイタルセンシング型呼吸デバイス」の開発です。こちらも多くの支援を集め始めています。この二つのプロジェクトを経験したプロジェクトリーダーの廣江さんが9月14日(金)大阪天満橋で開催される「ものづくりパートナーフォーラム」で、ものづくり企業としてCFで実現した製品開発ストーリーをもとにプレゼンテーションを行います。

スタートアップ企画のヒントになるかもしれませんね!

社屋

株式会社スタッフ【本社】
〒571-0048 大阪府門真市新橋町1番4号
Tel:06-6906-6484  Fax:06-6906-4542

<<前のページに戻る
ページの先頭へ